大人ニキビとは異なる思春期ニキビの原因・発生メカニズム

「ニキビは青春のシンボル」とも言いますが、多感な中学生・高校生を
はじめとする10代のうちは、たったひとつのニキビでも非常に嫌なもの
ですし、それだけで大きなコンプレックスになってしまいます。

 

思春期ニキビは、文字通り「思春期」の人なら誰でも多かれ少なかれできるものですが、
これほどつらいことものはなく、深刻に悩んでいる人も少なくありません。

 

成人してからもニキビができることはありますが、この「大人ニキビ」と、1
0代の頃によく見られる「思春期ニキビ」は、同じ「ニキビ」でも、その発生メカニズムは異なります。
そのため、治療法なども異なるため、なぜ、思春期ニキビはできるのか?
その原因を探っていきましょう。

 

思春期ニキビができる原因

10代の中頃になると、子供から大人の身体へ成長する「第二次性徴」の時期に入り、
その過程では性別に関係なく男性ホルモンの働きが活発になるため、
皮脂の分泌量が著しく増加します。

 

この皮脂は、普通なら毛穴から排出されるものですが、10代の頃は毛穴が
塞がっていることが多いうえに、皮脂そのものが多くなるため、
毛穴から排出されずにどんどん溜まっていってしまいます。

 

そのため、皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因である
「アクネ菌」やその他の雑菌などが増殖して、ニキビとなってあらわれてしまうのです。
こうしたことは、第二次性徴の時期だけに起こる一時的なものなので、
思春期にたくさんニキビができたような人でも、身体が成長してホルモンの
バランスが整ってくれば、皮脂の分泌量も減少し、二十歳ぐらいまでには
ニキビができにくくなっていくものです。

 

つまり、思春期ニキビは、大人への階段を昇るための重要なプロセスの一部と
言ってもいいでしょう。そのため、誰もが避けては通れないことでもあるのです。

 

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビの主な原因は、ホルモンバランスが乱れることによる皮脂の過剰分泌にあるため、
顔の中でも特に皮脂腺が多く存在するおでこや鼻などの、いわゆる「Tゾーン」にできやすい
という特徴があります。

 

特に、皮脂の分泌量が増加する春から夏の時期に一層できやすいのも大きな特徴です。
そのため、同じ人でも、秋〜冬はニキビが少なくなり、夏場になると急に多くなるといった
ことがよく見られます。

 

また、男性(男子)の思春期ニキビは、女性(女子)に比べると、
ニキビ跡が残りやすいという傾向があるようです。

 

なぜなら、男性のほうが女性よりも角質層が固く、皮脂や汚れなどが毛穴に詰まりやすく、
症状が悪化しやすいためだと考えられています。
実際、成人した男女を見比べた場合、顔にニキビ跡が残っているのは、
ほとんどが男性ばかりで、女性にはあまり見られないことからもよくわかるでしょう。

 

以上のように、思春期ニキビは、大人ニキビとは異なる発生メカニズムを持ち、
特徴も大きく異なるので、それぞれに合った適切な対策を講じる必要があります。

 

背中ニキビを治すなら以下のサイトが非常に参考になると思います。

背中ニキビもうイヤッ!何やってもブツブツや跡が治らない貴方へ
URL:http://www.iregua.net/
背中ニキビ